中外製薬「あくまで国産」志向!!!バイオ原薬の新プラント創設。

    みなさんお元気ですか?いつも冷静な先生も走り出す。そんな忙しい季節の真っ最中。そうです!!「師走」(12月)です。あっという間に2週間目に突入しました。まあ、わたくしは年がら年中、走り回っていますが(;^ ^)

    さて先週、中外製薬のバイオ抗体の原薬工場見学会がありました。その名も「UK3」。イギリスじゃないですよ。れっきとした日本の工場です。浮間の「U」。東京都北区の「K」で「UK」!同地での生産プラントは3つ目。なんで「UK3」!!稼働したら、中には入れないんですが、稼働前なので特別に中まで見せてくれました。すっごいですよ。大きなタンクを、いくつものパイプ管が複雑に交差しながら接続しています。床はピッカピカ。まるで宇宙ステーションの中にいるようです(笑)。6000lの培養タンク6基、精製ライン2系列を生産量に沿って、自由に組み合わせて使用できるそうです。少量多品種の原薬を低コストで、効率よく生産可能になります。中外は、このプラント建設に372億円投じました。コスト削減の一環で、原薬の生産拠点を海外に移す企業もある中で、あくまで国産にこだわる中外製薬。経営陣の心意気を感じます。ここで作った医薬品を最終消費者である我々患者が、安価で使用できるようになれば言うこと無しですね!!!

  写真は中外「UK3」の培養タンク。本邦で最初で最後の見学会でした。それではみなさん。寒くて忙しい時期ですが、暖かくして。。素敵な一週間をお過ごしください。

 

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2018 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ