日本ケミファが毎年恒例の記者懇談会を開催!!!

 

みなさん、お元気ですか?東京は暑い日が続きます。西日本で大雨がありましたが、大丈夫ですか?御無事を祈ります。

    さて先週7月4日(水)、日本ケミファの記者懇談会が開かれました。同社は売上高300億円台で国内製薬企業のランキングも30番台と決して大きな企業ではないのですが、毎年、懇談会を開いてくれます。売上高1兆円を超えるアステラス製薬、3000億円超では、エーザイ、中外製薬、田辺三菱、大日本住友製薬、協和発酵キリン、1000億円超では大正製薬、小野薬品、MeijiSeikaファルマ、900億円台で持田製薬などが開いていますが、世の中の変化、グローバル化の進展に歩調を合わせるように、武田薬品、第一三共は、開催をやめてしまいました。

色々とご意見はあるかも知れませんが、私にとって懇談会は、主催企業の社長はじめ役員、幹部と直接お会いできる貴重な場です。開催はありがたく、感謝するばかりです。企業側にとっても、デメリットばかりでないと考えています。IT化が急速に進む中にあっても(というかIT化時代だからこそなお!!)やはり直接、お会いしてお話したことがあるか、ないか。人の印象、理解度というものは、軽視できないと考えるからです。

   日本ケミファは後発品ビジネスを収益基盤にしながら、高尿酸血症領域の先発品、創薬探索の3本を柱で事業を進めている1950年創業の会社です。事業環境は決して楽ではありませんが、懇談会を開いて我々、記者連と、真正面から向き合おうとする姿勢を前向きに評価したいです。新規作用機序の候補2件が数年以内に導出できそうな気配。同社の動きに注目します。

写真は先日食したヘルシーランチプレート。なかなかの御味でした(*^_^*)。それでは皆様、お身体に気を付けて。素敵な一週間をお過ごしください。

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2018 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ