今期のインフルエンザ流行は小規模

 

  みなさんお元気ですか?

 飛び石連休の谷間。いかがお過ごしですか?

 さて今シーズンのインフルエンザ流行。前期より縮小すると言われています。

 それでもワクチンを接種する人は多く、すでに予約を締め切った医療機関もあるようです。

 毎年、インフルエンザワクチンは特定の医療機関が買いだめして、小さな医療機関に行き渡らないという「偏在」が問題になります。抱え込んでいる医療機関が使用しないで余ると廃棄となります。

 うまく均して、希望者全員が打てるといいなと思います。

 

 医薬経済20年11月1日号の執筆記事。ご興味がある方は是非、お読みください。

 ◆ワクチン市場がコロナで大荒れ

小児の予防接種が一時停滞、インフルは需要予測に変動要素も

 ◆塩野義の中国・アジア事業構想

平安保険との合弁会社で「販売力増強」「AI創薬」狙う

 

 ※写真は高尾山にて。紅葉にはまだちょっと早かったのですが、森林浴はサイコーでした!それではみなさま、素敵な一週間をお過ごしください。

 

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2020 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ