高額薬剤の登場で、保険給付範囲の見直し論議に投入

お元気ですか?おそらく、みなさまそれぞれの夏休みを満喫されたことと思います。

夏休みに熱い太陽を浴びながらふっと考えました。製薬各社のあり様はもうすでに、複数のモデルにしっかり別れているなあ~、と。。。そうしみじみ認識したのです。厚労省が医薬品産ビジョンで打ち出したグローバルメガ、グローバルニッチ、ジェネリック、OTC、ベーシックファーマetc。これは、もう現実化しています。

5月に3349万3407円という高薬価で収載されたノバルティスファーマの白血病治療薬「キムリア」が注目されましたが、早ければ今年中に、米で1億円強で発売された同じくノバルティスの乳児難病治療薬「ゾルゲンスマ」が日本で登場する見通しです。当然ながら医療保険財政はもたないわけで、その後、一気に、給付と負担の見直し議論が沸き起こるでしょう。これまで通り、医薬品はすべて医療保険の対象にするにしても、患者の負担はモノによって変える方向になる。その際、重度の疾患は全額保険でみて、軽度の疾患の患者負担を一定程度、増やすか。逆に軽度の疾患は全額保険でみて、重度の疾患は、一定程度、患者負担を増やすか。そんな議論が出て来るはずですが、すでに自民党は「軽度の疾患は自助(自己負担)」という方向に舵を切っています。保険給付の範囲が変われば、各社の事業戦略も大きな影響を受ける。自社の強み、弱みをしっかり認識して、強みを一層強化し、弱みを切り捨てる。各社経営陣のドラスティックな決断が一層、要求される時代に突入します。「業界が一枚岩になって」なんて言ってたら、もう何も生まれないかもしれません。

写真はタピオカミルクティー。こんなに流行する前から大好物です。飲み過ぎるとタピオカでおなか一杯になります(笑)それでは皆様、素敵な一週間をお過ごしください。

 

【お知らせ】

お盆休み明けの更新。明日20日になります。よろしくお願いいたします。

 

一般用医薬品事業は手放す時期ではない。とりわけ日本市場では。

  みなさん、お元気ですか?お暑うございます。寝苦しい毎日です。

この夏を超えると18年4月の薬価制度改革論議がヒートアップします。しかし、「次の改革はそれほど大きくならないんじゃないか。むしろその後に控えている毎年改定論議が気になる」と。。そんな声をお聞きすることが多い今日この頃です。あの手この手の薬剤費抑制は間違いなく続きます。それは薬価だけではないでしょう。使用量の抑制とか、無駄の排除とか、保険給付の絞り込みとか色々、出て来るでしょう。

大手企業は、製薬もその他業界も、もう20年近く前から「選択と集中」を掲げて、コア事業に照準を絞り、ノンコア事業の縮小、切り捨てを続けてきました。しかし、コア事業も、いつまでコア事業のままでいられるかわからないわけです。状況が変わりさえすれば、ノンコア事業に収益のチャンスが生まれることもある。

で、私がいま注目しているのは一般用医薬品事業。中外製薬やアストラゼネカ、大日本住友製薬は新薬事業に集中するため、もうとっくの昔にとっとと売却しました。他の企業は概ね「どーしょうかあ」と考えあぐねているうちに、平成も終わってしまいました。ところがところがですよ、この一般用医薬品事業。今後の政策次第で、ビジネスチャンスが生まれたり、持っている方が有利になる可能性が高まっています。いま武田薬品や第一三共が、一般用薬事業を売却するかどうか注目されていますが、こと日本市場の今後を考えると、簡単に手放さない方がいいんじゃないかなあ~と。そんな風に考えています。

  写真は近くのスーパーで買ったカーネーション。井高流。それでは皆様、殺人的な暑さが続きます。お身体に気を付けて。素敵な一週間をお過ごしください。

 

 

第5回 製薬ビジネス活性化セミナー、無事終了しましたあ!!!

みなさん、お元気ですか?ようやく梅雨も明け、本格的な夏が来ますよお~~!!!海、山、川、レジャーの季節です。

さて先週7月26日、株式会社薬新主催、第5回製薬ビジネス活性化セミナーを開きましたあ~。

 

 

 

 

 

ご来場の皆様、お暑い中、ご足労いただき、本当にありがとうございました。私、井高恭彦が日本の環境、ゲストスピーカーの五島由佳子さん(MSAパートナーズ)が米国の現状についてお話いたしました。

私も、五島さんもあまりに熱く語り過ぎて、最後の総合討論の時間がほんの少しになってしまい、申し訳ございませんでした。五島さんは9月から米ボストンに渡るそうです。いつかまた新鮮な米業界のお話をお伺いする機会を設定したいなと思います。

みなさまのニーズをキャッチしながら、今後もどしどし時宜を得た熱いセミナーを開いていきます。どうぞ、よろしくお願いいたします!!!!

 

MRに求めるものがメーカー、医療機関、行政でバラバラ

みなさんお元気ですか?ギラギラカラっとした夏も、もうすぐでしょう。夏休みの計画は立てましたか?一年に一度の季節を大いに味わいたいものです。

さて先週はMRの今後をテーマに、何人かのお話を聞く機会を得て、「ああ、これはそれぞれの関係者が見ている先がバラバラになっちゃっているんだなあ」と感じました。メーカーは「MRにはお金がかかるから、焦点を絞って活動する」といえば、医療機関は「自分の薬だけじゃなくて、患者の立場に立って薬物治療に対して総合的な支援者になってくれ」という。そして行政は「メーカーがやることは必ず裏があるからMRの活動もギシギシに制限をかけてやる」という。こんなんじゃ、うまくいくどころか。衝突ばかり起きるでしょう。こっからどうするか。ジャーナリストの立場からも考え、やれることをしたいと考えます。

来る19年7月26日金曜日、薬新主催の第5回製薬ビジネス活性化セミナーを開催いたします!!

後5日間、みなさんお持ちしていますよ!!!!

写真は昨日の参院選投票会場。国民としてのささやかな意思表示をしてまいりました。それではみなさま、素敵な一週間をお過ごしください!!!

 

 

最上級の情報、アイディア、エネルギーを、セミナーを通じて皆様にお届けします!!!!

 

みなさんお元気ですか?じめじめの梅雨。楽しんでいますか?(笑)

で、まずは宣伝から。。。。良質な情報、良質はアイディア、良質なエネルギーをお送りするセミナーまで残すところ、後10日です!!!!損はさせません!!!みなさん是非、お越しください。

来る19年7月26日金曜日、薬新主催の第5回製薬ビジネス活性化セミナーを開催いたします!!

 で、本論。厚労省が薬価を決定する際の、専門家組織(薬価算定組織)が、中央社会保険医療協議会に、20年度薬価制度改革に関する考え方を示しました。まあ、内容は概ね業界が予測する範囲内だったのですが、一つだけ異彩を放っている項目がありました。「75歳以上の高齢者を重点的に集めて治験をした医薬品」は、やっていない薬より高く評価するというものです。製薬企業は新薬の承認前に行う治験に、65歳以上の人を組み込むのを嫌います。65歳以上になると、いくつもの疾患を抱えていることが多く、治験薬のせいではないのに、データが悪く出ることがあるからです。でも、一度、承認されると、当然、65歳以上にもバンバン使う。抗がん剤の使用は、圧倒的に65歳以上が多い。製薬企業に対しては「治験の対象に組み込んでいない65歳以上の投与が多いのは問題ではないか」「治験段階で65歳以上を組み込む努力をせよ」との苦言が度々上がっていました。

そんなこともあって今回、75歳以上(65歳以上では難易度が低いと考えたのでしょうか?)の人を対象に治験をしたら「ごほうび(加算)をあげるよ」ということになったわけです。でもですね。でもですね。私は、「別に加算にしなくても、普通にやるべきでしょ」と思うわけです。しっかりやっていれば、そのデータはプロモーションに使えるわけだし。その企業のリピュテーションは上がるはずですから。「お金くれるんならやるけど。くんないならやらない」じゃね。どうですかあ。まあ、日本の治験の精度が一段上がるのは間違いないから良しとすべきですかね。なんだかなあ。

 写真は最近、花瓶に生けた新人さん。何かと静かに癒してくれます(笑)みなさん、梅雨明けももう一息です。

素敵な一週間をお過ごしください。

 

医療保険の薬剤給付率、再び議論になるか?

みなさん、お元気ですか?じめじめとした天気が続いています。部屋にこもって仕事にするにはもってこいですわあ。外勤は、ちょっとうっとおしいですかね。

で先日、ある識者とお会いしました。そこで医療保険、薬価制度改革が話題になったのですが、その識者は「早晩、薬剤の保険給付のあり方が議論の遡上に載るだろう」と予測していました。まあ、これまでも漢方とか、パップ剤とか、目薬とか、一般用医薬品として薬局で販売されているものについては「何も医療保険で給付しなくてもいいんじゃない?少なくとも給付率を下げたら?」って提案が上がっていたんですが、今度はいよいよ議論が本格化すると見ているようです。確かに少子高齢化のこのご時世ですから、これまで通りの大盤振る舞いはできないわけで。。。。医療用医薬品も「何を」「どの程度」「いつまで」医療保険で認めるのか。議論があって当然だし、むしろしっかり議論して欲しいと私は考えます。と今回はここまでで。

 写真は日本橋の薬祖神社で。りりん、かりりん、りりりん。風鈴がいい音色で揺れていました。それではみなさま。素敵な一週間をお過ごしください!!!

 

 

 

製薬企業は薬で健康を取り戻した高齢者に何ができるのか?

みなさん、お元気ですか?やっと梅雨らしくなってきました。じめじめじめーっと(笑)。こうなると色々、不都合もあるのですが、これも日本列島ならでは風物詩。いい感じに味わいたいです。

 さて先週6月26日、日本製薬工業会の定例会長会見がありました。中山譲治会長(第一三共会長)になって「多面的価値に基づく評価」とか、「薬価改定に頼らない社会保障財源確保」とか、より直接的な新たな言い回しが出てきて、新鮮です。時節がら記者の質問は薬価制度関連に集中しましたが、私が「やるなあ」と感じたのは「医薬品」は社会保障の「支える側」を増やすって言ったところ。医薬品の適正使用は「社会的投資」と言い切ったところです。当日の資料に、画期的な医薬品をどんどん生み出して「新たに『支える側』にまわる65~74歳の人々が、~(略)~健康に働くことができるよう医薬品が貢献していく」と明記しています。とてもわかりやすい。しかし、と待てよ???と思うわけです。65~74歳が健康でまだまだ働けるようになったとして、どんな仕事をするの?と。。。。競争率が激しくて記者会見では聞けなかったので、懇談会でお聞きしたところ中山会長の応えは「それは働き方改革の課題」とのことでした。まずは製薬企業各社が率先して65~74歳を再雇用する流れを作っていくと、製薬協の主張はさらに説得力を増すように思うのですがいかがしょうか?(=^・^=)

来る19年7月26日金曜日、薬新主催の第5回製薬ビジネス活性化セミナーを開催いたします!!!

夏の暑い盛りですが、みなさまとともに熱いが、しかし爽やかなひと時を過ごせるよう誠意を尽くしますので、是非ともご参加ください!!!よろしくお願いいたします。

写真は中山会長。それではみなさん、素敵な一週間をお過ごしください。

 

夏真っ盛り!!第5回製薬ビジネス活性化セミナーでスカッと爽やかな「熱い時」をお過ごしください!!!

 

みなさんお元気ですか?先ほど大きな地震があって、ああ日本は島国なんだなあと改めて実感しました。

で本日は皆様にお知らせです。

来る19年7月26日金曜日、薬新主催の第5回製薬ビジネス活性化セミナーを開催いたします!!!

今回のゲスト講師は昨年に引き続き、米国ニューヨークを拠点に製薬ビジネス情報を発信するMSAパートナーズの五島由佳子氏をお招きします。トランプ政権はなんだかんだ言われながら21年1月の一期満了まで続きそうです。医薬品価格に厳しいと言われるトランプ大統領は何を考えているのか。製薬各社、その他ステークホルダーはどう対応するのか。最新情報をお伝えいただきます。

そして日本。消費税改定、20年度薬価制度改革、少子高齢化、高額薬剤問題、情報提供ガイドライン、新たなMR活動などへの対応などなど。課題満載の現状と将来について私、井高恭彦がお話させていただきます。

 

 最近は、猫も杓子もAI、IOT、ビッグデータ、デジタルメディスン、ソリューションビジネスと、カタカナばかり並べて「変わらなければ生き残れない」的な言説が世の中に溢れていますが、ほとんどが、ギャーギャー騒いで上から目線で説教しているだけ。結局、何がどう変わるのか。企業としてできることは何か。具体的な道筋を全く示さない。私自身、そういう風潮に欲求不満と憤りを感じるので、今度のセミナーでは、そこにも焦点を当て、五島さんの力を借りながら私のセミナーらしい現状認識、将来の方向性を示したいと考えております。会場の皆様との、ざっくばらんな意見交換の場も設けていますので、夏の暑い1日、是非ともスカッと爽やかな熱いセミナーにご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします!!!!⇒詳細はコチラ◎

写真は第4回セミナー風景。下は第1回にご登場いただいたジャーナリストの井上久男氏との総合討論風景。井上氏は今、日産VSゴーン問題の取材執筆で超多忙を極めています。それでは皆様、素敵な一週間をお過ごしください。

 

 

 

20年度改革論議が本格的にスタート。製薬業界の主張を国民、患者にどこまで分かりやすく伝えられるかがカギ。

 みなさん、お元気ですか?窓の外は夏のような光で溢れています。一体、梅雨はどこに行ってしまったのでしょうか?(笑)

 さて20年度の薬価制度(医療保険で支払う医薬品の価格を決めるルール)改革に向けた議論がいよいよ本格的にスタートします。日本製薬団体連合会の保険薬価研究委員会(薬価研)も理論武装を固めています。上出厚志委員長(アステラス製薬上席執行役員渉外部長)はじめ薬価研のメンバーが先週14日、記者会見を開き、薬価研の基本スタンスを説明しました。18年度改革で対象品が大幅に絞り込まれた新薬創出加算をどこまで元に戻せるかが最大の焦点です。医療保険財政が窮迫する中、産業エゴを排してどこまで説得力がある主張を展開できるかが成否の分かれ目になるでしょう。

とかく薬価制度は一般国民から見て複雑で理解しにくい。だからこそ、ひとつひとつの主張を国民患者目線に立って誰にでもわかるような言葉に落とし込むことが大事になります。例えば新薬創出加算の対象が絞り込まれると、国民、患者にとって何が損なのか?逆に対象を拡大すると、国民、患者にとって何が得なのか?それがわかりやすくスッキリ説明できて、国民、患者に伝われば業界の主張は間違いなく通るはずです。逆を言えば、それをできないあるいはしないでいるうちは中々、受け入れられないということです。そういう観点で、私も業界の皆様の動きをしっかりウォッチして、主張、説明を受け止めていく所存です。

 写真は薬価研の上出委員長。それでは皆様、日々の気候変動が激しき今日この頃。お体に気を付けて。素敵な一週間をお過ごしください。

 

 
 
 
© 2019 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ