新型コロナも冬に広がり、暖かくなると若干収まる

 みなさんお元気ですか?

 今週はそぼ降る雨でスタート。まあ、あまりいい天気だと部屋にいるのが嫌になるのでこれはこれで良しと。。。。

 さて国内でのワクチン接種がいよいよ始まります。まずはファイザー社製から。その後もアストラゼネカ、モデルナ、塩野義、KMバイオロジクス社製と来年まで次々に承認、接種が進む予定です。少しでも社会の混乱が収まればいいなあと。そう思います。

 コロナ禍での緊急事態宣言や特措法改正、GOTOなど経済政策などを巡り、侃々諤々の議論は続いていますが、結局、相手は未知の感染症ウイルス。現時点ではっきりしているのは、新型コロナも寒くなって空気が乾く冬には広がり、暖かくなってくると若干、収まる傾向にあるーー。当初予測されていたことだけのように思います。人が考える政策の何がどれだけ実ったのか。将来、冷静に分析する必要がありましょう。

 

 以下、医薬経済21年2月15日号の執筆記事です。是非ともお読みください!

◆日医工の戦略的な「製品回収」

すべては高山工場の買収交渉から始まった

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2021 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ