大手後発企業、日医工は「旧武田テバの工場」買収を機に生まれ変わりを!!!

 

 みなさま、お元気ですか?

 さて後発医薬品大手、日医工が度重なる製品回収で、とうとう1か月程度の業務停止処分を受けることになったようです。健康被害が出る前の経営判断(自主回収)とはいえ、昨年4月から今年1月まで70品目以上も回収しているのですから当然といえば当然です。

 日医工は2月1日に武田テバの高山工場を買収したばかり。その高山工場はグローバル基準の品質管理体制を保有していると言われています。日医工は、今回の業務停止を機に、全製品を高山工場の基準に合わせ、品質管理体制を徹底的に改善すべきです。

 それでは皆さん、風まだ冷たいですが、春はもうすぐ。素敵な1週間をお過ごしください。

 以下、医薬経済21年3月1日号の執筆記事です。是非ともお読みください!

◆国内医療に押し寄せるDXの波

もう後戻りはない、オンライン診療の「全面解禁」

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2021 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ