治療用アプリが普及すれば「安易な高血圧薬の処方」は減るに違いない!

 

 みなさん、お元気ですか?今週はシトシト雨でスタート。季節の変わり目で、気温の変化も激しくなっていますが、お変わりはありませんか?

 さて先週9月3日、治療用アプロの旗手、キュアアップが記者会見を開き、5月に薬事申請した高血圧患者向けアプリ(未承認)の臨床試験結果を発表しました。アプリで継続的にメッセージを受け取った患者は、生活習慣改善の取り組み意識が高まり、アプリを使わない患者より血圧が有意に下がったとのことです。しかもアプリ使用者と未使用者の降圧効果の差は、途中で薬を使用しようが、しまいが数値的にほとんど変わらなかった!!!これは衝撃です。。。。

 これまで高血圧の治療というと「即、医薬品処方!」というのが一般的でしたが、このアプリが承認され、医療現場で普及すると、トレンドが大きく変わるかもしれません。現在申請中。順調にいけば来年には、承認される見通しです。

 いやあ、疾患治療もDX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進んでいるんだなあ~。と良い意味で衝撃を受けました。

 ちょっと短いですが、本日はこれで。キュアアップの会見記事は当社発刊、MEジャーナルで詳報しております。是非、ご覧ください。

 写真は都内散策中に撮影。とある小さな美術館の玄関前。なごみます(笑)。それでは皆様、素敵な一週間をお過ごしください!

【MEジャーナル・9月6日号】

高血圧治療薬の“適正使用”に「期待の新星」!

キュアアップ 治療用アプリの「秘めたる起爆力」

 

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2021 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ