IQVAセミナーで講演、岸田新政権で薬価制度、医薬品産業はどうなるか?

 

 みなさまお元気ですか?9月までの騒動は一体なんだったんだ?そう思うくらい新型コロナがすっかり身を潜めてしまった今日この頃。いかがお過ごしですか?

 緊急事態宣言が明け、衆院選も終了。岸田新政権の「新しい資本主義」が本格的に始動します。とはいえ「新しい資本主義」って一体なんなのか?具体的な姿はまだ見えてきません。

 まあ、ある種のキャッチフレーズですから。。。。そんなもんかもしれません。

 岸田首相からすれば「『聞く力」を存分に発揮するから、旧来の政策の枠組み、発想に囚われず議論しましょう!」と。そんなポジティブなメッセージなんだと、勝手に受け止めております。

 さてそんな最中、今回は、みなさまにご報告です。IQVAソリューションジャパン主催のセミナーで10月26日(火)に「新政権と薬価制度改革の行方」をテーマに講演しました。その動画が12月8日まで配信されております。動画は、新日本戦略研究所(INES)が提示した薬価制度改革案の取りまとめ役、法政大学の小黒一正先生(経済学部教授)のご講演との2本立て。最後に小黒先生の御意見、構想をより分かりやすく解説していただくため、僭越ながら私と小黒先生で対談形式のようなやり取りもさせていただきました。収録日時は衆院選より前ですが、講演で触れた情勢認識、見通しに大きな狂いはなく、問題なくご覧いただけると思います。ただ、私のカミカミの滑舌、勉強不足による事実誤認がございましたら、そこはまだまだ発展途上の不束者ゆえ。寛大なるお心で、何卒、ご容赦ください。

 日本の薬価制度は製薬ビジネスの要。しかしながら、このところ、新薬の保険価格を維持する「新薬創出加算」の対象は狭められるわ、特許が切れた医薬品(長期収載品)の保険価格は叩かれるわ、特許切れ後に安価で出てくる後発品も追い込まれるわ、これまで2年に1回だった引き下げが、毎年実施されるわで「痛いこと」続きです。

 ウィズコロナそして岸田新政権誕生は、どうあれ「時代の変わり目」です。薬価制度改革もここで一度、立ち止まって根本的な課題を洗い直し、修正すべきは修正。壊すべきものは壊す。そんな巨視的かつ勇気ある取り組みが必要な時期ではないでしょうか?健全なる議論が大いに進むことを願ってやみません。

 写真は近くのカフェで。地球儀を見ていたら“妄想力”が強まり、これまで誰も足を踏み入れたことがない「未開の楽園」を探しに行きたくなりました(笑)それではみなさま、素敵な一週間をお過ごしください。

【IQVIAセミナー】

どうなる?新政権下での薬価制度と医薬品のこれから

 

 

 

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2021 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ