武田のシャイアー買収と、19年10月の消費税改定は「大嵐の前触れ」。

みなさん、こんにちは!お元気ですか?

さて先週12月5日、武田薬品のシャイアー買収と、19年10月の消費税増税に伴う薬価改定が決定しました。前号でお伝えした通り、いずれも国内製薬企業に大きな影響を及ぼす決定です。しかし、決まったからといって、めでたしめでたしで終わらない。これから大波が待っています。

武田は買収で7兆円近くまで膨らんだ負債を今後、どう縮めていくのか?当初計画通り新薬を生み続けることができるのか?ウェーバー社長は最低2020年までは社長を続けると言っているので、後2年で、誰もがわかるような明るい道筋を示さないといけません。

消費税改定は、製薬業界の要望通り19年10月に、消費税引き上げと同時に改定することになったのですが、その後20年4月に通常改定が待ち受けています。消費税改定は、もう少し議論が過熱化すると思ったのですが、あっけなく業界の要望が通った。ってこれ!!どうですか?かえって怖い。業界に敢えて「勝たせてあげた」と考えたらどうでしょう?次の20年4月改定は、薬価引き下げ。業界への圧力が増すかも知れません。

嵐の前の静けさに身を浸しながら、次の動きを待ちます。

写真は中医協で意見陳述に立つ日薬連の手代木会長、欧州製薬団体連合会のベック会長。それではみなさん、素敵な一週間をお送りください。

 

 

 

コメント

現在のコメント

コメントを書く

 
  (公開されません)
 
 
 
 

 
© 2019 薬新カフェ|株式会社薬新井高のブログ